便秘を大きく2つに分けて考える

2e4b90d9ff383b89f132d1d717ff57f4_s便秘と一言で言っても、様々な症状や原因が考えられるのです。
まず、大きく便秘を分けて考えると「一過性」のものと「慢性的」なものとに分けることが出来るでしょう。
大きく分けて原因を知ることで、適切な改善策を取り入れることも出来るかと思います。

■一時的な便秘症状
長期間家を空けるなどすると便秘になってしまうなどという人もいるでしょう。
そんな一時的な便秘症状の場合は、水分摂取などを心がけると良いでしょう。
いつもよりも少し意識をして水分を口にしてみてください。
このとき、お水がベターでしょう。
また、胃が悪いという方は常温のお水を召し上がっていただくと安心です。

■一時的に「出す」という方法
多用は避けていただきたいのですが、出先でおなかが辛いなどというときは「浣腸」を利用するのもよいでしょう。
座薬タイプなど使用しやすいものも今では市販されています。
もちろん、病院などでもこのようなものは処方してくれるでしょう。

■慢性的な便秘の場合は
習慣的になってしまって何年もの間、便秘に苦しんでいるという方もいらっしゃるでしょう。
このような場合、はっきりとした原因を掴むことが大切となります。
そして基本的な生活習慣を見直すことも有効的でしょう。
食事のバランスを改善したり、運動を取り入れたりなどという事を実践してみましょう。
また、腹痛や吐き気などが伴う場合は、病院を受診するのもおすすめです。

■ストレスから来る便秘は慢性化しやすい
ストレスの場合は慢性的な便秘に陥りやすいといわれています。
上手に息を抜く方法やストレス発散方法などをみつけ心の負担を軽くすると良いでしょう。

■状況にあわせた対策を
このように、二分するだけでも対策対処というものが変わってきますから、悩んでおられる方は自分がどちらに該当するか考えて見ましょう。

関連ページ